ゼニカルは通販で購入できる

個人輸入を扱っている業者を利用する

ゼニカルは、オルリスタットという成分が使われている脂肪吸収抑制剤です。日本では肥満外来などの医療機関で処方されます。医師の処方箋が必要なため、ドラッグストアや通常の通販サイトでは販売されていません。

しかし、個人輸入を利用すれば、病院で処方を受けなくてもゼニカルを購入できます。個人輸入と聞くと、「手続きが大変そう」「どこで注文すればいい?」「外国語わからないんだけど……」といった不安を感じるかもしれません。

個人輸入を代行している通販サイトを使えば、簡単に薬を購入できます。通販サイトでは様々な商品が紹介されており、通販感覚で商品を選べます。

個人輸入の代行は、商品を買って注文者に転売するのではありません。業者が注文者に代わって購入の手続きをします。そのため、注文した商品は業者を介さず、注文者に直接届きます。

日本では、薬の個人輸入が許されるのは、購入者自身が個人的に使う場合に限ります。個人輸入で購入した薬を譲渡したり転売したりすることは、法律で禁じられているのです。

時間がないなど、なんらかの理由で病院にいけない人は、個人輸入を検討してみるのも良いでしょう。

商品の詳細や業者の情報を把握しておく

ゼニカルは、食事に含まれる脂肪分の吸収を抑える薬です。身体に負担をかけたり、無理な食べ物の制限をしたりせずにダイエットができます。

ゼニカルは、病院で処方を受ける他に、個人輸入を扱っている通販サイトで購入できます。

ただし、注意しなければならないことがいくつかあります。

個人輸入で購入した薬には、ほとんどの場合、日本語に翻訳された説明書が同封されています。しかし、薬を使って何らかのトラブルが起こった場合、自分で海外の会社に問い合わせなくてはいけません。そのため、商品に関する知識や注意事項は、自分できちんと把握しておきましょう。

また、個人輸入で販売されている薬は、粗悪な偽造品が紛れている可能性があります。購入する際には、代行業者の情報や業務内容をよく把握しておきましょう。

自分の身体の状態に不安のある人、実際に使って不安な症状が出てきた人は、必ず医師に相談しましょう。

大手サイトで価格を比較する!送料や手数料もチェック

ゼニカルは、海外では定番のダイエット用医薬品です。しかし、日本では製造、販売されていません。そのため、ゼニカルを使う場合、クリニックで診察を受け、輸入品を処方してもらうことになります。

一方、個人輸入を扱っている通販サイトを利用して購入することもできます。

ゼニカルの価格は輸入業者によって異なりますが。クリニックで処方されるよりも安価です。なるべく費用を抑えたい場合は、人気の通販サイトをリストアップして、価格を比較してみるとよいでしょう。

送料や手数料もサイトによって異なるため、よく確認しましょう。また、通販サイトによっては、まとめ買いすると割引が適用され、薬1箱あたりの価格が安くなる場合があります。他にも、セールやポイント還元をおこなっている通販サイトもあります。

支払いはクレジット決済か銀行振込で前払いが基本

ゼニカルを通販で購入する際は、支払い方法もよく確認しましょう。

多くの通販サイトでは、クレジットカードでの決済が可能です。

銀行振込ができる場合もあります。銀行振込は多くの場合、前払いとなります。オンラインバンクなら決済が簡単です。

後払いができる通販サイトは多くの場合、取り扱っている商品が国内品に限られます。

輸入業者によってはコンビニ払いも可能です。ただし、採用している業者は少なく、先払いが基本です。

前払いが不安なら、クレジット決済ができる通販サイトを利用するとよいでしょう。

なお、海外送金や仮想通貨払いなどの取扱いはありません。