ゼニカルとサノレックスを通販で購入したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼニカルとサノレックスを通販で購入したい

ゼニカルとサノレックスは、ダイエット治療薬として世界的に有名です。ゼニカルは、入ってくる油分を抑制する薬で、サノレックスは食欲そのものを抑制させます。

ゼニカルは、脂肪吸収抑制剤と呼ばれるものです。食べ物の油分を吸収させないことで、ダイエットに繋げます。

一方、サノレックスは、食欲抑制剤です。脳の視床下部にある満腹中枢に働きかけることで、食欲を抑制します。

ゼニカルは日本では未承認です。

サノレックスは、日本で承認されており、極度の肥満症であれば処方されます。ダイエット目的では処方されないので、注意が必要です。

また、ゼニカルは個人輸入でも入手できますが、サノレックスは個人輸入ができません。向精神薬に分類されるため、個人輸入ができない薬剤として国から禁止されているのです。

極度の肥満症でない人は、ゼニカルでダイエットを始めましょう。

ゼニカルとサノレックスを病院で処方してもらいたい

ゼニカルとサノレックスは、病院で処方されます。

しかし、サノレックスに関しては、依存症があるので、よほどの肥満症でない限り、処方されません。

サノレックスの処方条件は、BMIの数値が35以上です。身長160cmの場合であれば90kg以上の体重の人に、処方されます。

BMIの数値が35以上あると、動くのも辛くなるのです。健康に問題を来す以外に、労働にも支障を来すようになります。

このため、BMIの数値が35以上あると、肥満症という病気と分類されており、3ヶ月の保険適用を受けることができます。

保険適用を受ければ、費用や薬の値段の3割で薬が入手可能です。

一方で、ゼニカルに関しては承認されていないので一般の病院では処方されていません。

この場合には美容クリニックやダイエット外来などで入手する必要があります。
ゼニカルでは保険適用されず、自由診療が基本です。

病院では、ゼニカルとサノレックス以外にも、糖質吸収抑制剤であるアカルボースなどが使われる場合もあります。

これら3つの痩せる薬を使うことで、効果的に体重を減らせるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。